紫外線が肌にダメージを与える事はもうよく知られている事実ですが、実は紫外線を過度に浴びる事はニキビにも良くないんです。なぜニキビの原因になるかと言うと、紫外線を浴びる事で体内の活性酸素が増加し、これによりニキビを作りやすい肌にしてしまうんです。少量の日光を浴びる事は体内でビタミンDを合成させたり、体内の時計を調節したりといい事もあるんですが、何事も過度にする事はよくないようですね。お酒も少しなら薬になると言われていますが、飲みすぎると肝臓に負担をかけます。ニキビの大敵紫外線はUVブロック効果のある日焼け止めを塗布する事で多少は防げますが、これも塗りすぎると肌に負担がかかりますし、毛穴をふさいでしまうのでニキビ予防には逆効果です。
http://xn--7ck0b368uqwzabyh62f.net/fbb_nikibi.html