子供の頃、不注意をして歯が痛くなり、虫歯で我慢できなくなって歯医者さんへ連れて行ってもらったものです。
行くのが、とても嫌でした。
抜歯をしなければならない時は、なおさらでした。
学校などで規則正しく歯磨きをしなければならないことなど教えられていたものの、なまけて歯が痛んでから後悔するのが常でした。
体と同じように歯の健康を保つにも予防が大切なことを知ったのは、もっと後になってからのことです。
虫歯の予防だけでなく、歯槽膿漏などの予防も、とても大切だと思いました。
武蔵中原のデンタルケアークリニックのホームページがあります。
見てみてはいかがでしょうか。
歯の磨き方や歯間ブラシの使い方など、予防のために知っていた方が良い知識がいろいろあるようですね。
私の祖父母は、私がものごころついた頃は、もう総入れ歯でした。
義歯では、やはり食べ物をおいしく味わうこともできなかったでしょう。
でも八十歳になっても健康な歯の方もおられて、驚きました。
やはり日ごろの心がけなのですね。