高齢化社会となった現在では、両親を含め親戚のための老人ホーム選びは重要です。
しかし、老人ホームといっても健康型老人ホーム・特別養護老人ホーム・有料老人ホームと3種類あります。
要介護であるどうかや介護の必要性について見当され、資産や収入などから総合的に入居させてもらえるかが決定されます。
社会福祉法人または地方自治体が運営する公的な施設は特別養護老人ホームです。
特別養護老人ホームは、65歳以上から入居可能で寝たきりの方や認知症を患っている方の入居が最優先となっています。
また、公的な施設のため料金は低めでコストパフォーマンスが良いです。
有料老人ホームは民間企業によって運用されている施設で、個室の場合が多く、レストランやシアタールームなどの設備が充実していることもあります。
料金が高いイメージがあるかもしれませんが、医療サービスが充実していて月額20万円までのところも多く入居したいと思う方は大勢います。
元気な方向けのアクティビティとして音楽コンサート・バスツアー旅行・スポーツ・絵画などがあり、施設に入られる方がご自身で選択されるケースも少なくありません。
健康型有料老人ホームは介護をあまり必要とされない方向けで、家事手伝いを受けられるのが特長です。