店の売りはすべてが激安メニューだから卓上システムの注文ツールで何を頼んでも1品500円を超える事はない。そんな価格が提供できるのは営業支援のツールを使いこなす営業マンと店側のやり取りで材料を格安で仕入れる事ができるからだ。味は・・なるほど・・なかなか面白いそれ以上はノーコメントとしよう。営業支援 の勝ちだ、格安を求めて今日も会社帰りのリーマン達でどのテーブルも賑わいを見せている。 2次会なんてみんな酔っぱらってるからそういう所でもいいのかな、同窓会で料理を堪能したいという私の方がおかしいのかもと思いなおすことにした。営業支援君はその後何も言ってこないしきっと不運君に少しながらでもアドバイス総会してるだろうから、そのまま同窓会当日を迎えるんだろうなって思っていた。その同窓会と同時進行で、5年1組の恩師が油絵の個展を開くというので、そちらの計画もみんなが集まる同窓会でツールで決めてしまったら手っ取り早い。