皆さんは、アドネットワークって知っていますか?
「ネットワークという言葉の意味は分かるけれど、アドって何?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。
アドというのは、アドバタイズメントの略称です。
広告という意味があります。
つまり、アドネットワークというのは、広告ネットワークという意味を持った言葉なのです。
広告のネットワークとは何なのかを簡単に説明するとすれば、広告の掲載をお願いしたい側である広告主と、掲載する広告を募集している側であるサイト管理者の、両方の願いを効率的に叶えるためのネットワークだと言うことができるでしょう。
このネットワークが発達する前は、広告主が広告の掲載をお願いするには、1つ1つのサイトに対して打診を行っていかなくてはいけませんでした。
なので、広告主から打診が来るほどには有名ではないサイトの管理者は、広告の掲載依頼を勝ち取ることができないという状態も発生していたんです。
ですが、アドネットワークが利用できるようになってからは、広告主は、このネットワークに対して広告を入稿するだけで、ネットワークに登録している多数のサイトに広告を掲載してもらうことが可能になりました。
そして、ネットワークに登録していれば、有名なサイトの管理者でなくても、広告を掲載する機会を得ることができるようになったんですね。参考サイトはコチラから