わたしは今まで自分の歯並びを気にしたことがありませんでした。
20代後半になって親知らずを抜いた際に、自分が先天性欠損歯であることを初めて知り、自分の歯並びを気にしだすようになりました。
改めて見ると、そこまでひどくはないものの、舌の前歯が傾いて生えています。
それに気づいてから人前で口を開けて笑うのがおっくうになってしまい、歯の矯正を決心したのが半年前のことです。
東京の数ある審美歯科さんの中で評判の良かった吉祥寺セントラルクリニックさんで、いまも矯正をお世話になっています。
治療をするにあたり、今の自分の歯並びの状態やかみ合わせ、どんなふうに歯を動かすのが良いかなどいろいろ相談に乗っていただきました。
わたしは顎自体が小さいらしく、まずは顎の幅を調整するところからのスタートです。
矯正期間は2~3年と長いのですが、少しずつ動いているのを実感できわくわくします。
矯正前に撮った写真から、どんな仕上がりになるのかとても楽しみにしています。
矯正が完了したらホワイトニングも受けたいと思っています。
歯がきれいに整うと、印象もからします。
一生綺麗な白い歯で自信をもって笑えるように、道のりは長いですが先生と一緒に頑張っていきたいです。