私、50代前半の女性です。
幼少期を語るのに、手塚治虫は、はずせません。
今、思い出してみると、テレビ番組で覚えているのは、手塚治虫の漫画ばかりです。
毎週楽しみに、日曜日だったと思うんですが、見ていたのを思い出します。
鉄腕アトムも勿論みていました。
代表作ですもの。
アトムの筆箱も持っていました。
ジャングル大帝レオも見てましたよ。
近所のお友達とジャングル大帝ごっこで、家の前を走り回っていました。
そうそう、リボンの騎士も、見てました。
主人公の名前は忘れたけれど、何故か、しゃべり方や、声を覚えているような気がします。
主題歌も覚えていますよ。
タライラッタリッタリッタラッタター、ヤッポーヤッホーヤッホーっていう、感じだったと思います。
あー、懐かしい。
こうして思い出してみると、私の少女時代は、手塚治虫漫画で満たされてたんですね。
私の人格形成にも大きく影響してるかもしれませんね。
大人になってから、見た作品もあるんです。
制作時期はどうなんでしょうか。
既に、私の子供時代から、あったのかもしれませんが・・・その作品は、火の鳥です。
内容は、歴史漫画なので、私が子供の頃に、既に作品としてあったとしても、難しくて読めなかったとは思います。
図書館でみつけて、おもしろくて、一気に読破しました。
大人になってからではなくて、学生時代にこの作品に出会っていたら、もっと、歴史好きになれたのに。
おまけに、社会の成績も上がったかも・・・なんて、図々しくも、思ったりしました。
子供時代から大人になっても大好きな手塚治虫です。くわしくはここをクリック!